株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
海外で稼ぐ!
北欧のメーカーでノキアが携帯電話では有名ですが
同じく、北欧で水産業で言えばノルウェーのサーモン
ノルウェーサーモンの養殖はヨーロッパ市場に限らず

アメリカ、中国、そして日本のマーケットシェアも高く
養殖メーカーが直接海外市場を拡げている
日本の養殖業者さんは国内販売が中心で

且つ、小さなメーカーさんが多く、養殖業社さんが
直接マーケットへの販売を行っている企業さんは少ない
ところが、ノルウェーサーモンのメーカーは

海外に直接加工場を作り、日本向けには寿司だね工場まで
自社で加工し、末端の企業へ直接販売を行っている
まさしく、生産から流通から販売までをつなげ

今、日本の市場で急速にシェアを高めている
ノルウェーサーモンという国内需要がない国だからこそ
国内産業を海外に発信して世界を相手にビジネスをしている

日本は国内需要が大きかったために、
どうしても国内に向いた産業構造となっていましたが
これからの人口減少!

間違いなく世界市場に日本の強みを発信していく時が来ました
国内を規制して守っていたらいつまで経っても
国内の成長はあり得ません。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック