株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
事業計画書
かぶら屋で独立をするにあたり、社員にも事業計画書を提出してもらっています
社内の事業計画書ですが・・・
様式は金融公庫さんへ提出するものと同じような内容です

金融公庫さんへ提出するのにも、資金計画や売り上げ計画
保証人の有無などを書き入れ、あとはアピールポイントです
お金を貸し付けて大丈夫なのか?

そこのところの判断材料は計画とこれまでの経験や
なぜ、その計画通りに行けるのか?
その辺をきちっと述べられるか?

ここが大事な部分です。
基本的には文章と面談ではっきりとした答えを得られるか?
面談が大事なポイントになりますので、弊社でも同じです。

事業計画書を前にして、プレゼンテーションを行って頂いています。
ただやりたい!ではなく、その物件が自分がやらなければいけない理由!
自分がやればこんなお店にする!

どれだけ多くの人を笑顔にできるのか?
また、継続性は?
そんな想いを訴えてもらいます。

計画書は誰でもかけますが、要は面談!
人となりを見させていただいています。
強い想いがあれば、伝わります。

この想いが大事なのです。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック