株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
お客様に対しての過剰サービスとは?・・・続き
色々な考え方があると思いますが
かぶら屋のバディが考えた答えに対しての
コメントを今回も書かせて頂きます。

②メニュー外の商品を作る
これも、正解です。
かぶら屋では基本的にはなしです。

しかし、ここは難しいところです。
基本的にはなしと答えたのは、串の塩焼きで塩なしを頼まれる方がいます。
辛味噌で食べるので、塩なしと言うのですが、

その他にも、巨峰カルピスという裏メニューがあったりします。
これも、カルピスと巨峰を混ぜるとできるメニューです。
抹茶ハイにカルピスを入れて抹茶カルピスもあります。

ネギが嫌いな人はネギ抜きのもつ煮を頼まれます。
こうしたことと、店にある食材で別の商品をわざわざ作る
難しいですね・・・この判断は

椎茸焼きは醤油で焼くのが美味しいので、自分もこっそりと頼みます
ここで問題なのは、いつでも同じサービスができなくなるからです。
その人がいる時にはできても、他の人の時には対応してもらえなくて

結果として苦情につながります。
また、あの店では対応してくれたのに、このお店ではやってもらえない・・・・
これもまた、苦情のもとになるのです。

塩焼きのタンやレバーなどをごま油と塩で食べるのも美味しい
しかし、この全てを答えますと、結果として全てに対応ができなくなり
お客様にご迷惑をお掛けすることになります。

ですから、基本的には対応しないことが正解です。
ネギ抜きや塩なしなど
入れるか、入れないか?だけの問題にはお答えするようにしていきましょう

こう言いますと、ドリンクの氷なしを頼まれるお客様がいらっしゃいますが・・・(^^)
こんな時にはドリンクの量は増えませんが大丈夫ですか~?って
笑顔でお答えしましょう~!

生ビールの泡なしのお客様もいらっしゃいますが・・・(^^)
泡が無しでもビールは増えませんが~???
大丈夫ですか~?って笑顔で!

色々なお客様がいらっしゃいます。
ですからまた、楽しいんですね~(^^)
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック