株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
2014年の抱負
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はアベノミクスに湧き、2020年のオリンピック招致が決まり、
経済は高額消費が高まり、景気回復機運が高まっております。
こうした景気回復期に言われることは、高額消費から始まり、

半年から1年継続するとようやく一般消費が回復すると言われています。
一般生活にとっては、給与が上がっているわけでもなく、
物価だけが先行して上がり始め、
生活経費が徐々に高まってきている環境にあります。

更には4月に消費税のアップがあります。
数ヶ月間はこの影響が少なからず起きることが考えられます。
また、原油価格の高騰や世界情勢、国内では原発事故の問題等、

まだまだ、大きな問題が山積している状況にはあります。
しかしながら、東京においては、2020年のオリンピックを迎えることにより、
莫大な公共投資が行われます。

その結果、人が集まり、お金が動くことにより、
この7年間は間違いなく経済が活性化され都心部一極集中の流れが加速することとなります。

言うまでもなく、この7年間、
我々にとってものすごく大きなチャンスとなることは間違いありません。
この7年の間にしっかりとした土台を創り上げることによって、
次のステージへと上がるのです。

かぶら屋は現在34店舗となりました。
今月末に大山店がオープンし35店舗となります。
社員の独立者・運営委託者は大山の藤田店長を含めて14名になり
その内オーナーとなったのが9名です。

今年も多くのお客様の笑顔!
多くの仲間の笑顔!
多くの生産者の笑顔!

多くのお取引先様の笑顔!
多くの家主様の笑顔!
みんなでたくさんの笑顔を増やして行きましょう!

2014年 元旦 内山 九十九
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック