株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
お客様に対しての過剰サービスとは?
色々な考え方があると思いますが
かぶら屋のバディが考えた答えに対しての
コメントを今回も書かせて頂きます。

①忙しい時間帯にお客様の脱いだコートをハンガーにかけてあげる
②メニュー外の商品を作る
③丁寧すぎる対応でスピード感がない

①は基本的にはやるのか?やらないのか?
コートを預かってかけるお店であれば、それはどんなに忙しくとも徹底しなけれいけません。
かぶら屋の場合には基本的にコートを預かる場所がありません

基本的なスタンスとしてはかける場所のご案内のみで
お客様の手がふさがっている時、体の不自由な方など
手伝ってあげることは大事なことです。

手伝ってもらった時にはありがとう!になります。
普段から、コートやお荷物を預かるお店ではありません。
①は忙しい時、暇な時にかかわらず、脱いだコートを預かるお店ではありません・・・

荷物をかける場所や置き場所のご案内、
コートをかける場所のご案内は忘れないでください。
大きなお荷物などはお声掛けをして預かってあげることは必要です。

②以降は続く~
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック