株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
売れる理由と売れない理由
帰り際にコンビニの店内をのぞきますとお弁当の棚におにぎりが1個
店外から見えるお弁当の棚が他に何もありません・・・
お店の顔がお弁当売り場ですが・・・そこには何も無い

お弁当やおにぎりはお店のロスに直接かかわるもののため
どうしてもロスを出さない仕入れになります
しかしながら、この時間におにぎりが1個しかない

24時間の営業のお店です。
これを繰り返しますと、このお店にはこの時間のおにぎりを買う
お客様は行かなくなります。

お客様が減り、売れなくなりますのでまた仕入れの数を減らします
益々お客様が減少していくことになるのです・・・
チャンスロス・・・それが一番恐ろしい

売れないから何も置かない・・・のではなく
この時間に何を品揃えすることがお客様にとってありがたいことなのか?
それを考えてやってみて検証し、また考えやってみて検証

この繰り返しが大事なことなのです
それをやり続けている会社さんがセブンなのです・・・
売れる理由がそこにあるのです
by tsukumo

スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック