株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
手作りの黒はんぺん
かぶら屋の人気メニューの中で黒はんぺんのフライがあります。
調理試験でよく選ばれる商品です。
調理試験ではお勧めのフライの一品を出してもらいますが

多くの人がこの黒はんぺんのフライを選びます。
静岡の人さえもかぶら屋の黒はんぺんのフライは美味しいって
言っていただけます。

関東では黒はんぺんフライはメジャーではありませんので
通常のお店では黒はんぺんは黒おでんの方がよく出ます
ところが、黒はんぺんのフライを知ると、皆、はんぺんはフライで頼むようになります。

面白いもので、静岡のお店では圧倒的に黒はんぺんはフライです。
静岡では、おでんに入れる黒はんぺんは出汁を出すためのもので
美味しく食べようとしたら、フライに限る!

ご飯のおかずにも、おやつでも、もちろん居酒屋の定番商品です。
そんな黒はんぺんですが、自分が子供の頃に食べていたものは
駄菓子屋のおでん屋さんで3本10円、高いところでも1本20円くらい

そうした商品でした。少し小さくて薄いのですが値段も安かったのです。
かぶら屋の黒はんぺんは1本100円もします。
東京価格からしては、決して高くは感じないと思いますが

子供の頃の静岡の駄菓子屋さんと比べると、びっくりする価格です。
実は手作りの黒はんぺんなのです。
通常は機械で型に入れて作ってしまうため、ペラペラですが

手作りでと形は不揃いなのですが、ふっくらとして食感が全く違うのです。
お店で提供するものですから、そう言ったところにはこだわらせて頂いています。
かぶら屋では是非、黒はんぺんのフライを召し上がってみてください。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック