株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
飲食人って最高!
68歳になられる大石一郎さん
学生時代に本当にお世話になりました。
ラーメン屋さん、珍龍のマスターです

20代からずっとラーメン店を営み、震災後に閉店し
被災地でピエロとして、被災地の子供達を元気ずけています
飲食人って、単に美味しいって喜んで頂けることがうれしくて(^^)

ずっと飲食人をやってこられてい、60を超え、震災があり
自分の店を閉め、東北で子供達を元気づけるオヤジがいます
その活動を聞いて、本当に人の笑顔が好きなんだな~

喜んでもらうことが好きなんだな~
先日、何年かぶりにお会いして、ピエロをやっているって
色々なところで今は風船を売りながら、生活をしている

飲食人の先輩の笑顔でのお話を聞き
一生の仕事
飲食人としての仕事

人が喜ぶって仕事
ピエロ!
ピエロになれるって本当にすごいです!

大石一郎さん。
また、生き方を教えて頂きました。
ありがとうございます。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック