株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
ブランド戦略
秋になかなかなりませんね~
いつまで経っても暑い日が続きます・・・
先日、マツダ車のブランド戦略がインタビューされていました

日本車はどの車がどこのメーカーのものかわかりにくい
ヨーロッパ車はベンツにしてもBMWにしても
アウディにしても、顔を見ると車種が違っても

どこのメーカーの車かわかる
マツダもそうした、一目でマツダとわかる顔を創る
そうしたメーカーとしての顔を作り

顔を見れば、マツダの車とわかる車づくりを図る
そんなインタビューがありました。
まさしく、日本の車って流行りブランドイメージを変えてしまう

せっかく、好きになった車種でもそのコンセプトそのものが変わって
まったく違う車種になってしまうなんてことがありました
ブランド戦略において、パッと見てわかる!

これ、大事です。
ユニクロのコマーシャルもすぐわかりますよね!
アップルのコマーシャルもすぐにわかります。

ここが大事。広告チラシにしても、店の顔にしても
色使いにしても、見れば、わかる。
セブンイレブンの建物もすぐにわかります。

こうした、意匠、ブランド創りには欠かせません。
こだわり続けなければいけない部分なのです。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック