株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
人件費のロス
廃棄ロスには食材のロスの他に人件費のロスがあります。
飲食店の経費には固定費と変動費があるわけですが
変動費の中にアルバイトの給与があります。

社員だけで運営をしていますと、人件費のコントロールができません
そこで、アルバイトで繁閑の差を補うのです
自動車業界で言うところの期間工と同じ考え方です

自動車産業は長いスパンでコントロールを行いますが
飲食店の場合には日々、時間帯ごとで管理が可能なのです
この利点を生かすことが重要なポイント

この利点を生かせず、逆に人件費の無駄使い・・・
暇な時間帯に人を入れてしまうこと!これが、人件費のロスです。
何も同じ時間から同じようにシフトに入って頂くことはありません。

必要な時間に必要な人員を揃える
時間帯ごとの売上予測によってキャスティングするのです。
この、キャスティングが大事なのです。

人数を揃えれば良いのではなく、必要な人を必要な時間帯に配置
早い暇な時間帯には教えるために新人を入れるとか
逆に早い時間帯はスターを入れて、少ない人員で

お客様に満足していただける環境を作るなど
時間帯ごとのキャスティングです。
何も考えずにシフトの作成をしていますとロスが生まれるのです。

廃棄ロスもチャンスロスも!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック