株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
かぶら屋通信 No.001 - part.02
■□■□
■ かぶら屋通信 No.001 - part.02
■ 蒲田店 宋オーナー
■□■□
蒲田店
▼▼▼
かぶら屋を愛するパートナーの声をお届けするかぶら屋通信。
お店の魅力や楽しみ方、独立店の開業秘話まで話題は様々。
本日は【かぶら屋 蒲田店】からのリポートです!
▲▲▲

part.01 に引き続き蒲田店の宋さんからお話しを伺います。
2店舗経営というステージで様々な可能性を見据える宋さん。
複数店舗運営の秘訣や今後の展開についてはいかがでしょうか。

〜〜〜〜〜

コツというか、お店のやり方は人それぞれですよ。
うちみたいに自分が入ってやるって人もいれば、東上野店のようにマネジメントに注力するスタイルもありますし。
ただ、今は、五反田店も蒲田店も両方に店長職を創って任せているので、それをサポートしていく感じになりつつありますけどね。

これから先、何を目指すかだと思います。

自分の生き方としてやっていくのか、事業として複数店舗を展開していくのか。
それによってキャッシュと人材育成とのバランスが変わってきますよね。

3店舗目は…そうですね、まぁ、時期によって考えたいですね。
もともと蒲田はリニューアルの時に引き取ったんですよ。耐震工事するって。
その当時五反田に住んでいて、声がかかったというか。
資金やら何やら足りない部分を色々と本部にサポートしてもらいました。

今、蒲田・五反田に店舗があるんで、そのあたりがいいですね。
今もですけど、お客さんが両方の店に来てくれたりするんですよ。
応援してくれる人もいるし、楽しみだなって思います。

〜〜〜〜〜
___________
>>> part.03へ続く
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック