株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
外資企業から学ぶこと
日本のサービスについて今、注目をされていますが
アジアでは日本のサービスが競争力となり
かなりの評価を受けております。

これは、日本人のホスピタリティの高さからのもので
古くからは日本の旅館のサービスです。
海外のホテルではありえないものだとおもいます

社員教育やアルバイトの教育においても
日本人はちょっと教えればできる人が大半です
高校生や初めてのアルバイトであれば別ですが

昨今は高校生もサービスについてお店の評価を行います
そんな日本人は元々からの資質があり、ある程度の教育で済みます
しかしながら、海外ではそうはいかない国が多いようです

アメリカ企業のすごさはそこにあります。
色々な人種、考え方がある中で生まれてきたサービス産業
その中での教育、マニュアル化は見事なものがあります

マニュアル化されたものを嫌がる風潮がありますが
こと、教育については外資系から学ぶことは数多くあります
できる人ばかりから、教育は生まれません

できない人がいるから、教育が出来上がるのです
逆を言いますとできない人から学ぶのです。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック