株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
サービス競争へ!
昨日、回転寿しのチェーンに行ってきました
子供が小さい時にはくら寿しが子供たちには一番人気でしたが
昨今はくら寿しへ行くと子供だらけで、ビックらポンにも喜ばなくなり

その他の大手チェーンに、久々に訪問!

新らしい店ということもありますが、ものすごく進化していて驚きました。
そして、過剰とも言うべき接客に驚かされました
店内での接客はもとより、持ち帰りのお客様に対して

数が多いお客様に寿司が斜めになるため、車までお持ちします!
アルバイトの学生が自ら声かけをして、車まで手伝っていました
その対応については、おそらく、お客様は驚かれた事でしょう!

店内での言葉使いや応対もそこまでは?と思えるくらいの丁寧さ
お会計の際もよく、教育されています。
預ったお金をしまうことなく、先にお釣りをお返しして
頂いたお金を後にしまう。

当然の行為なのですが、高校生のアルバイトが確実に忙しい中対応しています
こうした基本的な接客レベルがものすごく高くて感心しました。
これでは、下手な店には行きたくなくなる・・・

そんな印象も受けましたが・・・本当は、過剰サービスを行うよりも、
持ち帰りが多くレジに人がたくさん並んでいる状況では
もう一人が即、レジに応援に入って待たせない!

そっちに目を向けてもらった方がありがたく思えるように思うのです
一昔前のガソリンスタンドのように、過剰なサービス競争に
飲食業界が向き始めているような印象を受けました。

回転寿しに接遇!
そんな接客に感じて・・・求められていることが違うような気がします。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック