株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
人は間違いを起こします・・・続き
人が間違いを起こすことが前提にしてものを考えます。
お金の管理についてものすごくうるさく、厳しく話します。
これだけは!

邪な気を起こさせないために!
苦しい時に目の前にお金があります。
苦しくなくとも目の前にお金がありますと

ポケットに入れてもこれ、わからないよな~?
そうした管理をするから、大きな問題が発生するのです。
以前、こんなことがありました。

アルバイトの宴会です。
お店が終わった後に友人を集めて宴会です。
しかし、そのお店にはきっちりとした管理がされています。

どれだけ、食べても、すぐに発覚する仕組みを擁していました。
どれだけの売り上げがあれば、どれだけの材料が使用されて
ロスの管理ができていれば、全てわかる仕組みを持っていました

そうした、管理が行われていてもお金を持ち逃げする
商品を持ち逃げする
いろいろな人がいます

信用していた人に裏切られることがあります。
大きな問題になる前に、気が付いてあげることなのです。
ちょっとした出来心に気が付いてあげられなければ

それは必ずエスカレートします。
すぐにばれる!ってわかる、管理をしてあげることが
犯罪者にさせないポイントになるのです。

・・・それでも、問題は起きますが・・・
問題が起きるということはまだまだ、自分達に対して
逆に言えば、自分達がその人のことを信頼できていないんです

惚れられていないってことです。
会社、自分たちに対するロイヤリティを感じていないってこと
またまた反省です。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック