株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
仕事の責任!
初めて転職をした時、28歳でした。
当時の自分はまだ、部下がおりませんでした。
新卒で入社して、5年も後輩が入らず、いつまでたっても一番下

そんな環境では自分の将来が描けず、自分自身も成長がしない
そんな日々、葛藤を繰り返しており、最終的に転職をしました
当時、大先輩から言われたことが、お前は部下がいないだろう?

部下がいれば、そんな簡単に転職なんてできない。
部下を持つと、部下に対しての責任が生まれ
簡単には部下を放りだすことはできないよ!

そんなお話を頂きました。
その事が、家族を持ち実感をしました。
そして、今、経営という立場に立ち尚、実感しています。

部下、家族、社会的な責任が重くなりますと
簡単には投げだすことはできません。
今の自分には多くの仲間がいます。

共に責任を分かち合う仲間がおります。
もう、自分にはこの仕事を投げ出すことはできません。
辞めた~!なんて言うことはできません。

仕事を簡単に辞める人を見ていますと思います。
何の、責任を背負っていないんだな~
責任というものを感じられていないんだな~

背負う物を背負って初めて成長するのだと思います。
家族のために!
部下のために!

仲間のため!
背中に負う責任が重ければ重いほど
強い想いが生まれ、相手の心に伝わるのではないでしょうか?
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック