株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
接客におけるスピード
お客様をお待たせしないという教え方をしますと
お店の中を走り回る人が現れます(^^)
1・2階の店ですと階段を駆け上がり、走り回るのです。

昨日のお店も自分のテーブルの横で店のスタッフが走り回るのです。
行ったり来たり
そして、急ブレーキをかけて、厨房に戻るのです。

お店のスタッフはお客様をお待たせしないために一生懸命です。
お客様をお待たせしないということはよくわかります。
忙しいのもよくわかります。

しかしながら、落ち着きません。
テーブルの周りを走られて良い気持ちがするでしょうか?
おそらく、考えたことが無いのかもしれません。

お待たせしないことの方が優先になっているのでしょう・・・
接客におけるスピードとは、お客様の満足に繋がるスピードなのです。
お客様の満足に繋がるというスピードは一人のお客様の満足ではなく

お店にいる全てのお客様の満足に繋がるスピードなのです。
全てはお客様から考えます。
それも、目の前のお客様だけでなく、お店全体から考えるのです。

お店の中を走るはあり得ません。
急ぐは走ることとは違うのです。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック