株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
お客様が最優先
いつでもお客様が最優先!
この原則から全ての作業を教えることです。
店では作業を教えてもいつのまにやらできなくなっています。

何度言ってもわからない・・・
そんな事がありませんか?
お店を周るといつでも言うことがいくつもあります。

一つはレジの会計方法についてです。
お客様が最優先の原則からすれば
お会計を頂いて、お釣りを返してからレジにお金をしまう。

この順序でないと、必ずトラブルの元になります。
お店のスタッフも忙しいといくら、頂いたつもり!になってしまいます。
昨日の飲食店でのこと・・・10,092円のお会計に10,100円渡しました

すると、お金をレジにしまってから、お釣りを908円返してきました。
預ったお金のレジへの入力が11,000円となっておりましたので
908円お釣りを渡すことになったわけですが

本人、間違ったことに気がついておりません。
渡したお金が10,100円ですと話しまして
ようやく、間違ったことに気がついて、8円のお釣りに訂正されました。

その間、レジの入力をし直してレシートを再度出し直して
ようやく8円のお釣りが戻ってきました・・・頂いたお金をしまってしまうから、間違ったことに気がつかなくなってしまったわけです。

いつでも、お客様が最優先の原則!
ここから、全てを教えましょう!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック