FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
起業する!事業意欲!カエルの子はカエル!
先日出会ったご兄弟の話。
40前後のご兄弟ですが、男3人それぞれが経営者。
長男は、父親の跡を継ぎ、鉄鋼機械関係の貿易商社。

次男は弁護士事務所を持ち、40名の弁護士を抱える。
三男は雑誌社を興して活躍をしている。
そんな、ご兄弟と出会い、お話をする機会がありました。

彼らは、父親を見て育ち、初めから就職するつもりはなく
起業をはじめから考えていた。
高校時代は何になっていいのか、何になりたいのかもわからず

そんな中で、会社を経営するには会計がわからないといけない。
それで、取りあえず、会計を勉強。
会計士になることが目標ではなくあくまで起業すること。

そんな中で、たまたまのアルバイトでの手伝いから、
アメリカの情報誌の海外での展開を手伝い、
そこから、自身でその版権を買い展開する運びとなった。

そんな、経緯で現在情報誌を出版されている企業を経営。
お兄さんの弁護士事務所も当初は世界的な弁護士事務所から
独立し、国際弁護士として活躍。

この兄弟、3人に言えることは、サラリーマンとして働くことではなく、
はじめから、なんとなく起業することを考えていた。
蛙の子は蛙。お父さんの背中を見て育ち、いつかは自分も!

父親の成功を見て育ち、いつかは自分もそのステージに!
そんな、ことを目指して!
なんとなくこうなりたい!それでもいい!

そこに向って、アルバイトでもむきになってやってみることで
見えてくるものがあり、チャンスもやってくる。
むきになって、やってみないと本質が見えてこない。

by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック