FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
お客様も喜び、自分も儲かるポイントは一点である。
6.値決めは経営
値決めはトップの仕事。
お客様も喜び、自分も儲かるポイントは一点である。

お客様も喜び且つ自分たちも儲かる!
このフレーズ、うれしくなります。
同じフレーズをかぶら屋でも言ってます。

お客様だけが満足ではなく
お客様の奴隷なんてあり得ない!
お客様も喜び且つ自分たちも楽しめる!

それでなければ、続きません!
お客様に喜んで頂き且つ自分たちも喜べるのが
本来の姿ではないか?

そんな風に考え、かぶら屋があります。
だから、皆が笑顔になれるのです。
本当の笑顔はそこから生まれるのだと思います。

値決め!というところから
こんな勝手な解釈をしておりますが
大事なことだと思います。

経営者として、そこをどう決めるか?
以前、ダイエーの中内さんが仰っていたこと
380円と399円との違いは何ですか?

400円を割っていることが重要であって、だったら、399円
19円余分に頂いてもお客様の感じ方は変わりません。
回転寿司のお皿も同じ

120円も130円も変わりません。
お客様の感じ方!
どこにポイントを持っていくのか?

かぶら屋も80円にこだわっています。
その、値決めが大事なポイント
決して500円のメニューはおきません!
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック