FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
稲盛経営12ヵ条の5
5.売上を最大限に伸ばし、経費を最小限に抑える
入るを量って、出ずるを制する。
利益を追うのではない。利益は後からついてくる。

かぶら屋の研修の中で、利益の目標は立ててはいけない!
そう話をしております。
お店に利益は持ち込むな!

利益はお客様からの評価ではなく
コントロールできてしまうものだから!
お店では如何にお客様に満足して頂けるか

そして、如何に無駄をすくなくするか?
そこを徹底することにある
利益を追求するようになると、客単価を上げて

生産性を高めるような方向に向いてしまいがちになります
客単価を上げることがお客様の満足につながるのか?
つい、高いものを売って楽して儲けようという方向に向かう

無駄な経費を削って如何にお客様に満足して頂くか?
必要な時に必要な材料を揃え
必要な時に必要な人員を揃える

結果として利益が生まれるのです。
入るを量って、出ずるを制する!
まさしく、売り上げの予測に基づいてシフトのコントロール

発注や仕込み数の適正化
それがお店の収益を上げるポイントなのです。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック