FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
マネージャに贈る言葉より・・・第6章
<第6章>
優れたマネージャーは、人に協力を求める時
"彼との個人的な親しさ"によってではなく、"仕事を良いものにするためには誰に頼むのがベストであるか"という観点からこれを行う。

誰とでも一緒に仕事ができるようにならなければならない。


親しい仲間と仕事をすることは楽ではあります。
仕事をしやすい仲間って特にいると思います。
しかし、そうした、仲間だけで仕事をしていますと

これまた、進歩しません。
反対意見がなくなってしまうからです。
得てして、親しくない人との仕事、やりにくい人との仕事は

意見がぶつかったり、うまく物事が進まなかったりします。
意見がぶつかると言うことは、違う角度から物事を見ていると言うことなわけで
これはものすごく重要なことなわけです。

そうした、違う観点から物事を見れたり、理解力がない人がいることで
砕いて説明しようとして、また、その中身が深堀されるのです。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック