FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
ただ教えれば良いのではない!
以前、こんなことを書きました。

学校の先生にとって、ゴールとは?
子供たちを卒業させて、自立へ導くこと?
でも、違いますよね・・・卒業させることがゴールになっているから、

事なかれ主義となり、本来のあるべき姿から外れてしまっている。
教育にゴールはないのかも知れない。
いつまでも、追い続けなければいけない。

ゴールは届くことのない場所にあるべきなのかもしれない。

自分は学校教育についてこんな風に考えます。
学校の先生には結果が見えて来ない。
中学や高校の先生であれば、受験が一つの結果ですから

良い学校への進学率が高まればそれがある意味フィードバックかもしれません。
しかし、進学率を高めることや良い学校へ入れることがゴールでしょうか?
大半の親が求めることがそこにあるからそうなってしまっているのだと思いますが

本来、そうやって育ててきた生徒がその後、どうなったのか?
この結果がフィードバックされることで
本来の教育の方向性が描かれ改善に繋がるのだと思います。

かぶら屋でも同じく考えています。
どこにゴールを設けるのか?
独立がゴールではありません。

お店を出した後は自己責任・・・確かにそうですが、先生役にとっては
その後も、責任を持って自分の教え方、研修のあり方を反省して
改善を行うのです。

常に、卒業した人がどうなっているのか?
そこをチェックし、何が良くて何が問題であったか改善を繰り返し
それでも問題であれば、そこから再研修も必要になります。

きちんとした検証をすることで改善が行えます。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック