FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
独立社員の声・・・北千住店
“ここしか無い“と感じた。

人材派遣会社でコーディネーターとして、様々な方と接しながら、
いわゆる管理職として仕事をしていた自分でしたが、35才を過ぎ40才が見えてきた頃に、人生で一度でも独立に挑戦したいという思いから、挑戦するなら今しかないと考えていた時でした。

自分が素直に感じたイメージで周辺が暗い中、唯一灯りがあったのが「かぶら屋」でした。店内の雰囲気は自分にとってある意味「衝撃的な!」活気があり“ここしか無い”と感じる勢いがあったので決めました。

全くの未経験からのスタートでしたので「とにかく丁寧に!」
を今も変わらず大切にしています。
また今考えると、飲食の世界を知らず、

「かぶら屋」しか知らない事がかぶら屋のスタイルを素直に受け入れられたと思います。立場が上がれば責任も増え、仕事の量や質も変わりますが、様々な面で視野を広げる勉強となりようやく店舗責任者として、また独立へ向けての道に乗れたのではないかと思います。

これまではお客様の満足と個人の充実感を追いかけていましたが、
今の立場となっては、それに加えてスタッフの充実感が見えた時に楽しさを超えた嬉しさや喜びを感じています。

イメージや要求通りのスピード・商品に近づけなかった事は自分にとっての課題でした。とはいっても、今が完璧に達成出来ているとは思っていませんが、これからも常により良いものをお店として追及し続けていきます。

私生活でも責任ある環境となった今、
本来なら安定を優先すべき時ではないかという意見もあるかもしれませんが、逆に家族に背中を押されて今の環境を作ってもらえた事はとても感謝しています。


「かぶら屋」だけでなく独立という事は簡単な事ではありません。
楽な事はありませんが全てが独立後の自分に返ってくるなら、
どんな事でも!という意識と覚悟があればという気持ちが重要ですが、

宝くじは買わなければ当たらないように、
一歩を踏み出さなければ始まりません。
この一歩が道へ
by furuya
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック