FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
非常識な目標が発想の転換を促す
京セラの稲盛会長のコメントにこんな話がありました。
数字は組織を動かす力を持っている。
死んだ数字は組織を殺し、生きた数字は組織を活かすのである。

そんなコラムのなかに「トヨタの問題解決で会社が変わる」という本が紹介されていました。
この中のエピソードとして

トヨタは非常識な目標を設定することで現場に発想の転換を促す場合がある。
生産量を2%アップせよ!
こうした数値目標は現場に変化を起こすことはできない。

生産量を2倍にせよ!
こうした、非常識な目標を下した場合にはどうか?
小さなカイゼンの積み重ねではとてもクリアできない。

そこで、ラインをセル生産に切り替えるといったドラスティックな発想の転換が必要になる。
非常識な目標は職場に大きな変革を引き起こす起爆剤になる。

まさしく、そう思います。
できる範囲内で目標を設定していても大きく成長することはあり得ない。
非常識な目標によってドラスティックな発想の転換が起こるのです。

大きな問題、難題に取り組むからこそ、そこに、新たな仕組みが生まれるのです。
明日から8月。
自らを動かそう!
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック