FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
かぶら屋オーナーの独立物語!
独立した店長からメールをもらいました。
社員独立の声の内容がもう少ししっくりとこないので
掲載してほしいと・・・改めて、オーナーまでの物語

もともとはバーで接客の仕事をしていました。
愛想がないので、接客はまったく自分に合うとは思えず、
挫けたこともあったのですが、長くやってるうちに多くのことを学び

お客様から評価をいただくとそれがモチベーションとなり、
仕事としての接客についていろいろ考えるようになりました。

その頃たまたま知り合った人で、
「いつか何かやりたいならお金を貸してあげるよ」
と言ってくれる方が現れました。

でもその頃の私にはその降ってわいたチャンスを活かす力もなければ、
方法も、さらに言えばそれがチャンスなのかすらわかりませんでした。
27歳の時でした。

まずはいろんなことを学ぼうと考えました。
とりあえず一念発起。
自分をステップアップさせたいけど、なにをすればいいんだろうか??

バーで働いていた時のオーナーはスタッフと信頼関係を築くことの難しい人でした。
スタッフにきちんとした教育を与えることができない、
ゴール設定をしてやることができない。

すべてにおいてどんぶり勘定にどんぶり感情。
数値的な目標も示さないし、戦略も戦術も方針も理念もなく、
思いつきと気分ですべてを操作。

商売人としての勘やセンスはあるのかもしれませんが、
そのシステムゼロ環境は、人で苦労をし続けるように見えました。

その教訓から「部下にやる気を起こさせ、自発的に行動させるコーチング」といううたい文句の講座を部下なんていないアルバイト生活でしたが、いつか人を使う日が来る時の準備に・・・と、勉強してみたり、調理師免許を取得したり

自己啓発の本やビジネス本もいろいろ読みあさって、頑張ろう!と、気は急ぐものの、なにをするかはなかなか見えてこない。いろんな意味で視野を拡げたかったので、やってみたかったことをやろうと思いました。・・・続く
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック