FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
標準原価の考え方 ①
飲食店には標準原価という考え方があります。
マニュアル基準量が設定されていますから
その基準量で実際に販売した数量によって標準原価が算出できます。

この標準原価と実際の原価との差異がロスとなります。
このロスの管理を行うことが店舗で必要なことなのですが
標準原価からはその差異の原因は掴めません。

差異を掴むためには標準使用量と実際使用量との差異を比べることなのです。
先日、市場のシェアを大きく持つシステム大手さんとお話をさせて頂きましたが、レストランチェーン等では導入されていますが、居酒屋やラーメン店では導入されていないと

お取引のある会社様を見ますと、そうそうたる顔ぶれです。
その大手企業様がそうした考え方を導入されていないとのお答え
特に居酒屋ではそこまでの管理が実際は行えない・・・

それが、実情で、店ごとに適正原価に収めるようにすることが店長、調理長の役割となっています。確かに、正解です。
原価管理を行える手法を教えるのです。

安い物と高い物の組み合わせによって粗利ミックスの考え方です。
細かいことを言ってもどうせ、管理できないし、仕事の量が増えるだけ
それでは、肝心なお客様に満足していただくということに目が向けられなくなる?

そうした、ことなのだと思うのです。・・・明日へ続く
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック