FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
深夜までの営業
若い時にはそれでも良かった!
朝まで頑張ることで、少なからず売上に貢献し
また、朝まで自分たちも遊んでいましたから

それが、飲食店のスタイルでした。
ところが、働く身になってみますと、若いときにしかできません。
若い時にはそれでもよかったのですが

朝まで仕事して、昼間に寝て、夕方からまた出勤
子供が小さい間はまだ良いのですが
幼稚園、小学校、中学・・・そうなる間に考えます。

ですから、40位になりますとそうした仕事から離れようと考え始めます。
会社としては、幹部社員になれない人はそうやって
ある程度の年齢で辞めてくれる事に支障はありません。

若い人の方がよく働き、体の故障の心配もありませんから
給与も安くて済みますし、
社員が若くいるほうが常に活性化されてお店が元気でいられます。

それが今までの飲食業の姿です。
新しく多くの飲食店が生まれます。
繁盛店もたくさん生まれますが、経営者とともに

従業員が40位になったころに大きな壁が生まれます。
それ以前に飲食店から企業化へと進み、更に産業化できたところだけが
生き残れる世界なのです。

もしくは、個人事業主として家族経営。
店舗の拡大を図らず1店舗だけでやられていくところが残ります。
これが、飲食業。

深夜営業・・・そうやって遊べるお店っていいな~とは思いますが
働く人のことも考え業態のあり方を考える必要があります。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック