FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
小さな居酒屋 かぶら屋
かぶら屋の仕事はお昼12時から始まります。
仕込みとお掃除に分かれて、3人~4人で行います。
仕込みの時間は凡そ11時間

なれないともう少しかかります。
仕込みは串打ちと煮込みなどのガス台に分かれて
煮込みを仕込みながら、おでんの出汁をとって

ポテトサラダを作って、冷蔵庫の一品はお皿に盛り付けを行います。
お肉の串打ちは毎日300本
この串打ちが美味しい串焼を焼くための大事な大事な仕込みになります。

美味しい串焼がわからないと、美味しく焼ける串刺しができません。
美味しそうに刺せないのです。
美味しい串焼はここから生まれます。

かぶら屋をよく学ぶことで、かぶら屋の美味しい串焼の秘訣が掴めます。
ですから、かぶら屋に入りますと、まずは、日々、串打ち
300本が1時間半でできるようになれば一人前です!

そんな串打ち。
本当は刺すことよりもカットのほうが大切
カットが下手だと、ロスがたくさん出てしまいます。

串が打てるようになりますと今度はお肉のカットです!
毎日、毎日、お客様をお迎えするための準備です。
たくさんの笑顔が浮かびます!
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック