FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
自分たちが欲しくないものを売るなかれ!
営業時代のこと・・・
メーカーから仕入れた商品が営業マンに割り当てられる!
それぞれが、売れる数を申告して自分の販売個数を決めるのだが

売りたくなる商品と売りたくない商品がある
自分にとっての売りたくない商品とは美味しくもない商品
高い安いの問題ではない

自分が美味しい!
そう思う商品でないと、自分は売りたくない!
そんな我侭な営業マンでした

会社から割り当てられた売りたくない商品は
得意先に対して、持っては行くが・・・美味しくないんですが
付き合っていただけませんか?

そう言って、販売してもらう。
商品を並べれば、それなりに売れてしまうもので
リピーターがなくとも、それはそれでよかった。

いわゆる、トライアルユーザー!
必ず、新しいものを1回は買ってみる
そういったユーザーを呼び込む、飽きさせないための商品として

しかしながら、どうも性に合わない。
自分が美味しいと思った物を売りたい!
そんなことで、営業マンをやめてしまったのですが

自分が美味しい、自分が欲しくなるもこそ、人に薦めたくなるもので
商売の原点はそこにあると思う。
美味しいから、食べてみてって、薦めたくなるじゃないですか!

これ食べてみて!
そうして相手が喜んでくれることがうれしいんだよな~
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック