FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
販促は撒き餌さ
研修の中で、こんな話をします。
いつもの釣りの話です。
釣りをしますと巻き餌をします。

撒餌=販促
そもそも棚が違うのです。
棚が違っているところに釣り糸をたれているのですから

ここに餌がありますよってわかってもらうために撒餌をします。
要はお店ができましたよ!
こんなお店ですよ!そうした販促はOKです。

しかしながら、サービス券やディスカウントなどによる販促は違います。
魚のことを考えてみたらわかります。
魚には棚があります。

要は水温、環境が違うのです。
住み易い環境のところにいるのであって、そこに餌が落ちてくれば
当然ながら、食べるわけですが撒餌を撒かれて

水温が高い場所、日の当たる場所、色々な危険がある場所
そこにはずっといれません。
ですから、撒餌がなくなるとまた釣れなくなってしまいます。

飲食店の販促も同じことなのです。
そもそもの棚(マーケット)がずれていたら、販促をしても
その時には来ていただけますが、販促がなければ行きません。

価格がずれているのか?
立地が合っていないのか?
スタイルが合っていないのか?

何かが、マーケットからずれているってことなんです。
販促を続けていると、そのマーケットのずれに気がつかなくなっていまいます。
新しいメニューの喚起によるプロモーションは有りです!

告知する上でのプロモーションです。
魚がたくさん集まっている棚に釣り糸をたらすこと!
何もしなくとも食いついてきます!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック