FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
どんぶり勘定
どんぶり勘定とはよく言ったもので
個人でお店をやっていますと、毎月、それなりにお金が残っていけば
収益が上がっているわけで

利益が出ていれば、大きな問題は生じない
それなりに、原価率を考えて、売価設定をして販売するわけですから
感覚的にそれほどずれるものではありません。

儲からない感覚の人はそもそもお店を開かないでしょうから・・・
ですが、儲けているつもりなのに・・・一向にお金が残らない
年度末に申告をしようとしますと、しっかりと儲けが出ているはず!

なのに、お金が無い?
そんな話をよく聞きます。
お金が無くて、税金が払えない・・・

大きな飲食店では、毎月、細かな管理を行います。
そこまでするのか?
というくらいに細かな管理を行います。

ですから、無駄も生まれませんし、どこに問題が生じているのか?
わかるのです。
棚卸しをする意味は?

個人店では棚卸しまでするところは殆ど無いでしょう・・・
チェーン店では当たり前に行います。
これは、不正を管理するためではありません。

自分自身の成績表をつけるためです。
感覚はずれてきます。
ですから、適正に提供できているか?

仕込みながらでも、重量のチェックを行います。
計量する習慣。
月次の損益計算。

どんぶり勘定にしないことが、自身を律することになります。
自身で成績表をつけることで、問題点を見つけ
改善につなげるのです。

by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック