FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
新しい水産業を世界に向けて発信しよう!
かぶら屋の塩辛を作って頂いています、石巻の加工屋さんが
わざわざ、寄っていただけました。
大手の外食チェーンとのお取引が主で、我々のような規模の会社に

今後の状況説明にご挨拶に来ていただきました。
この3ヶ月半、避難生活から、工場再開のため、休みなく
復旧活動を続け、ようやく先が見えるような状況となり

げっそりと痩せた姿でお顔を見せていただきました。
ご家族も犠牲に遭われ、工場関係者やその家族にも多くの犠牲が出ており
そうした中で、仮の事務所を構え、復旧に努め、工場の再建に動いています。

現地の様子を色々と伺いましたが、まだまだ、何も手付かずの状況で
補償問題も、復旧、再建問題も難しい問題が山積し、簡単には解決しない
そうした、状況にあり、復旧が進まないようです。

宮城県知事が、水産業の特区を設け、株式会社化を図る案を唱えておりますが
これに対しても、漁業権を持つ方など色々な思惑から反対意見が多く
なかなか、前に進まない状況のようです。

多くの方の意見を聞くことはもちろん必要です。
しかしながら、これで行く!そうした、政治のリーダーシップを取って
ここは、行くしかありません。多数決をとりますと、権益者が多い意見が勝ちます。

それが、果して良い結果を生むとも限りません。
ここは、各漁協や生産者に対して個別支援を行うことを考えるより
宮城県または東北としての漁業特区株式会社を起こし、水産業の再生を

皆で、行い、そこに対して、各国から、また、投資家より資金を調達し
漁業関係者すべてでその収益を分配していく
収益が上がるようになったら、分社化しても構わない訳です。

個別の支援を検討して、色々な問題を抱えるよりも、再建を急ぎ
そこで、皆で働ける環境や順次、港を再建、育てる漁業を再建
新しい形の水産業を起こす大チャンスではないでしょうか!

宮城県知事!頑張ってください!
新しい、水産業を世界に向けて起こしましょう!
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック