FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
北海道のホタテ工場
昨年に続き、北海道の道東地区をまわって来ました。
ホタテの加工が最盛期を迎え見事な工場を見学させて頂きました。
過去に色々な工場を見てきておりますが、その中でもかなり進んでいます。
ほたて工場

狭い工場を旨く使い、左側が殻剥きライン。右側が、洗浄ライン。
中央で汚染区域と非汚染区域に別れ、
作業する人はエプロンの色を変えています。

まずは、作業する人の意識を変えること!
もちろん、汚染区域で使用したエプロンを間違って使用しない意味です。
この、狭さがまた、生産性を高めています。

殻剥きのラインの無駄のないこと!
隣の人とのスペースがありません。
太った人が作業に入れないくらい狭いスペースに並んでいます。

これもまた、大事なこと!
一人一人の作業のスピード!本当にお見事です!
北海道のホタテは見事な産業となっています。

稚貝から管理されて、海を畑のように区分けして稚貝を蒔き、4年サイクルで収穫します。ある程度の需要を考えて収穫されるようにコントロールしています。無駄に作りすぎたりしません。

もちろん、何年もかけてある程度の漁獲量は増やしてきましたが
ある程度の漁獲量を超えると魚価が下がり、収益性が下がってしまう
そういった量を把握しているためにただ、生産量を上げる事をしません。

漁獲量が見えていますから、それを如何に低コストで品質のいい商品を作るか?
そこに投資を行えます。HACCPの認定を受けた工場により安心安全、低コストの商品をそれなりの収益を上げられる仕組が出来上がっています。

2へ続く
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック