FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
玄関先を抑えるものが商機を掴む
以前、酒のカクヤスの社長さんが仰っていたことがすごく印象的で
流通業界の流れは①大きな街の近くのデパートに始まり
②郊外にスーパーが隆盛を迎え、③家の近くのコンビニへと

だんだんと家の周辺にサービスが移っていっている。
その先は宅配だと・・・玄関先を押さえたものが商機を掴む
そんな想いを信じて、ビジネスを展開している。

そんなお話をされていました。
面白いですよね。
マーケットが必ず、そうなるだろう!

そうした、潮流を読み、だから、こういったサービス、こういった販売方法が必要なんだ!そうなんですよね。そこが大事なんだと思います。小さな居酒屋の展開においても同じでした。まさしく、個室化された居酒屋さんや、大型化した居酒屋さん、若い人が大騒ぎする居酒屋さん。

将来的に、間違いなく人と人がふれあいのある、本来のスタイルの小さな居酒屋がまた求められてくる。そうした潮流が想いとなり、マーケットが生まれる。必要とされてくるのは?

カクヤスさんの展開が始まった当初から、その展開の仕方が見事でした。
赤字のお店を増やすことに当時の投資家などは疑問を投げかけていましたが
今、こうして、インフラが整いますとそこへの徹底したサービスの付加

これは、お見事です。自分もそこまでは想像もしていませんでしたが
インフラが整いますとコンビニと同じです。
もともと酒屋さんは各家庭をまわって御用聞きしながらお酒を届けておりましたが

いつしか、ディスカウントストアやコンビニにその市場が奪われてしまった。
ところが、今のカクヤスさんは昔の酒屋さんの進化型
お酒を運ぶだけの酒屋さんは特に求められていませんが

何でも宅配する。これは、ほんと、すごいや・・・
ヤマトさんもすごいけど、インフラを持つ!
飲食産業のインフラ企業!目指すところはここです。

by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック