FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
特異な日本の流通!
日本の特異な流通・・・生産者から物が届くまで色々な過程があります。
青果も鮮魚も精肉もそして小麦粉や砂糖、マヨネーズに至るまで
それぞれ特異な流通があります。

世界最大のウォルマートが日本の市場に一気に入って来れない問題がここにあります。同じく第2位のカルフールの日本撤退も同じく日本の特異な流通業界を打破できなかった結果です。

例えば最大手のマヨネーズはメーカーさんから直接買うことはできません。
かなり大手になっても商談は直接行っても直接取引できる会社さんは限られています。ビールも同じです。直接の取引は極、限られています。

そうした流通の仕組をすごく大切にしています。
おそらく、洋服の業界ももともとは同じ
そこを崩したのがユニクロさんに始まるSPA(製造型小売業)

今、同じように食品の業界も大手の流通業がPB(プライベートブランド)で
差別化を図り、製造型小売業を目指そうという動きが見られ始めております。
いち早くこうした流れを作ったのがウォルマート!

マーケットを創ることで最終的に目指すべきことはここ!
飲食業においても全く同じことで
サイゼリアさんがいち早くここを目指しています。

問屋さんやメーカーさんを叩いて、安いものを仕入れようとすることではなく、
市場原理の中で安くて良い物を仕入れようとする時代でもなく、
本来必要なものを必要な量創り無駄なく消費することで

安くて良い物を提供する仕組を創ることこそ、
マーケットが小さくなる中で求められる流通の仕組となってくる。
今まさに流通の仕組から変る時が訪れている。

by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック