FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
売れるもの=消費者ニーズとは違う!
過去にバイヤーの経験を長くしていましたが
つい間違えがちなのが、売れるもの=消費者ニーズ
売れればよしではないってところなんです。

青果市場の荷受さんのお話と同じく、
売れるもの=まっすぐな胡瓜
見てくれの良いものが売れるのですが

バイヤーはそこを間違ってはいけないのです。
つい間違えがちなのですが、お客様の声も同じです。
すべてに答えようとしても無理なことですし

お店にいますと色々な意見が聞こえてきます。
その中から、どこが大事なことで、大事な意見にそく答え、また、どこに問題があってそうした意見が生まれるのかを察知することが大切なこと!

つい、売れるからと、売れるものだけを並べたくなります。
売れるものだけを並べていても結果として楽しいお店ではなくなるのです。
結果としてお店の寿命を短くすることになります。

ですから、バイヤーという立場をするには
お店のコンセプトを十分と理解でき、戦略的なことが描け
お客様の声を見極めデータを読めることが大事なこととなります。

by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック