株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
人が変わらないお店
何年経ってもいつも変わらぬ人がいて
いつでも、同じサービスと変わらぬ味が提供される
飲食店において、これこそがうれしいおもてなしなのではないでしょうか?

先日、そんなお話しを頂きました。
まさしく、かぶら屋が目指すところです
学生時代にアルバイトしたお店

昔、毎日通っていたお店
食事をするお店でも、一杯やるお店でも
そうしたお店がいつまでも同じように営業されていることほど

うれしいことはありません。
名物おばちゃんがいるお店
名物ご主人がいるお店

当時は若くてちゃきちゃきしていたけど
そのまま、年齢を重ねて
変わらぬ味と、変わらぬ雰囲気を提供し続けてくれる

うれしいですよね・・・
70になっても80になっても働けるって
そうしたお店を目指したい

残念ながら、直営店の店長は巣立っていきますが
バディが結婚しても、子育てしながらでも
子育てが終わって、年をとっても働き続けられる

そういうお店でありたいと思います。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
独立を半ばあきらめてしまう人
独立を半ばあきらめてしまう人と
独立を果たせた人との違いは何でしょう?
そして、次に向けての階段を登れる人との違いは?

できる、できないの問題よりも
想いの問題
強い想い、信念を持ち、継続できるかどうか?

ここにかかっています。
絶対にやる。
絶対にこうなる!

そう言って、諦めないことこそが
できる人とできない人の違いではないでしょうか?
但し、諦めないと言っても素直な心がないとダメな部分を変えられません

ダメはダメなりに、どうしたらできるようになるのか?
自分に何が欠けているのか?
そこを見つけて改善し続けることです

何となく、日々を過ごしていても変わりません
一生懸命です。
命懸けで取り組む想いを持つ

「信念と継続こそが全能なり!」
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
できる人とできない人の違いは何?
かぶら屋は独立の支援を行っておりますが
入社して、全ての人が独立を果たしているわけではなく
想い半ばあきらめて、離職してしまう人も中にはいます

その中には、入ってすぐに離職する人
調理試験に合格できずに離職する人
店長試験に合格できずに離職する人

店長から降格して離職する人
店長でありながら、離職する人
非常に残念ではありますが様々な理由で離職する人がいます

能力的な問題もあります
体力的な問題もあります
しかし、このどちらも、本来は克服ができるのです

体力的な問題で、続かない
確かに仕事を覚えて教えられるようになるまでは大変かもしれません
しかし、仕事は自分一人ではできませんから

人を育てられるようになれば良いのです
人を育てるのが苦手な人であれば
人材育成に長けた人と一緒にやるか、そういう人を育ててしまえば良いのです

能力的な問題も同じことです
全てに長けたスーパーマンはいません
自分の足りないところを補う仲間を作ることです

自分の足りないところを補ってもらえる仲間
それが、バディです
皆、自分に持っていないものを持っているのですから!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
月間食堂8月号にご掲載頂きました。
ありがとうございます。
来月号の月間食堂8月号にまたまた、掲載頂きました。

月間食堂表紙2808
今回は、カラーの4パージ特集です。
1,000万円プレーヤーの入口!
今回は、そんなテーマをメインにして頂きました。
月間食堂2808

かぶら屋で独立!
自分のお店を持つ!
一緒に、人と人のふれあいの場を拡げませんか?

たくさんの笑顔が溢れる場所を拡げましょう!

by tsukumo

独立希望者はこちらをクリック
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

居酒屋開業ナビ

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
人口動態
10年後の人口動態
2025.png

20年後
2035.png

30年後
2045.png

出生率の問題で緑の部分は変化しますが
青い部分から上の予測は確定している事実です。
出生が高位推計になったとしても、

少ない労働人口で高齢者を支えないといけないという事実は変わりません
生産性を高めることに対して官民で取り組み
ロボットの活用、外国人労働者の受け入れなど

明らかに今のままではいけない
普通にサラリーマンで働いて、将来が見える会社は良いのですが
将来を描けない仕事ではこの社会を支えることができなくなります

一人ひとりが今、この状況をよく考え、理解して
どのようにそれぞれが、生産性を高める仕事の仕方に向かっていくのか?
誰かがやってくれるのではなく

それぞれが、考えないといけない時に来ているのだと思います。
最低でも世帯年収が1,000万を超える仕事でなければ
間違いなく、世の中支えられません

1,000万を超えてもおそらく、かなり厳しい現実が待っていると思います。
働き方を考えましょう!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
従業員という日本語
どうもこの従業員という呼び名が好きではありません
先日、社内の会議で従業員という言い方を禁止用語にしましょう
そんな提案をしました

労務関係や法律上の用語にはこの従業員という言葉が出てきますので
会社の役員と従業員という呼称は公式用語としては存在するのですが
この漢字の一つ一つが何か?問題のように思ってしまいます

漢字を訳してみますと、業に従う者となるわけです
言われたことに従う者のような印象を受けてしまいます
特に、店長や上司が部下の事やお店の他のメンバーに対して

従業員という言葉はすごく違和感を感じます
英語を調べてみますと、employeeという単語がこの従業員にあてはまり
よく使う、スタッフstaffは職員、部員、局員でちょっと意味合いが違うようです

どんな呼び方をすべきなのか?
考え物ですが・・・いずれにしても、業務に従う者ではなく
一緒に考え、一緒に働く仲間であってほしい

そんな想いの当てはまる言葉があれば良いと思います
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
日経MJに掲載されました
日経MJ2807

ご掲載ありがとうございます。
早速、お取引様からお声かけを頂きました
見出しの部分がFC中心にというのが困ってしまうのですが

FCではなく、社員独立からのPC(パートナーズチェーン)なのですが
新聞の場合には、校正という流れがないので・・・(vv)
こうした、見出しになってしまいました・・・

多くの方に見て頂いて、小さな居酒屋!
自分のお店を持つ!
チャレンジをして頂きたいと思います。

本日、新たな物件契約ができました。
時期は少し、先にはなりますが、
なんと池袋8号店が誕生します!

皆さま、どうぞ、よろしくお願い致します。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
都知事選が始まっていますが・・・
先日、面白い記事がありまして選挙改革についての記事
18歳からの選挙権と今回からなりましたが
世代別の投票率は今回はどんな感じだったのか?

調べてはいないのですが、従来は20代が一番低く
60代、50代が高い順となっています。
このような形ですと、人口の構成も一番多く

投票率も高ければ、若い人の票は繁栄されにくい状況です
このための投票制度の改革案が出されていました

①ドメイン投票
子供の投票権を親に分配
子供なし=1票、子供3人=3票など・・・

②世代別選挙権
世代毎に議席数を配分・・・120議席あれば
30代まで40議席、40~50代=40議席、60代以上=40議席

③余命投票
平均余命に応じて議席を配分
30代まで60議席、40~50代=40議席、60代以上=20議席

極端なものもありますが、人口の構成が大きく差があり
結果として、世代間格差が生まれてしまう現状
どうせ、投票しても・・・と投票率が上がらなくなるのであれば

より、責任の重い票の割合として
皆が将来を考え投票するような制度を考えていく必要があるのかもしれません。

今回の都知事選は少し、投票率が上がるような???
そんな印象を持ちますが・・・どうなるでしょう?
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
出版の準備を行っております。(^^)
デザインが大よそできました。
今夏、いよいよ、独立への道!
出版をすることになりました!
カバー縮小

自分で店を持つ!
ぜひ、実現をして頂きたく、そうした想いを書きました。
単に、飲食店で働いていても所得は見込めません

飲食業は労働生産性の非常に低い業界です
従業員として働いていたらいつまでも給与が上がらない業界です
年齢を重ねて給与が上がるどころか

現場作業能力は落ち、年齢と共に生産性が低くなります
小さなお店でも自分で経営をすることで
営業利益が自分の所得に変わります

高度成長期に培われた現代のサラリーマン社会
マーケットが縮小する時代
超少子高齢化を迎えるこれからの時代に向けて

働き方を変える必要があると思います!
出版の日程が決まりましたらまた、ご案内をさせて頂きます。
ご一読お願い致します。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
来年!かぶら屋で独立を図りたい人集まれ!
はたらいく 「かぶら屋 独立社員募集」

大募集を始めます!
来年は15店舗の出店を計画します。
この10月までの入社組が来年の出店~独立のチャンスを掴むことになります!

いつか独立!⇒今!独立です!
チャンスは皆にある!
ぜひ、一度、お店を見にきてください。

そして、門をたたいてください!
お待ちしております。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」