FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
6回目のチャレンジで合格!
調理試験に6回チャレンジ
何回かチャレンジして諦めてしまう人がいる中で
今回、6回目のチャレンジで合格者が生まれました~!

おめでとう!
過去の5回は何の成長もなく試験を受け厳しいことを都度言いました。
それでも挑戦し続け、今回、合格となりました。

それだけ不合格になる人を調理場に立たせているのか?
そんな風に思う方もいらっしゃるかと思いますが
お客様に提供するということと、人に技術を教えるということは違います

かぶら屋の調理試験は指導者への試験です。
調理試験を合格していないものが人には教えてはいけない。
そういうルールになっております。

結果として、お客様に提供できる商品を作れるようになっても
自分一人でお店を運営するわけではありませんので
人に教えられる人材にならなければ店長にはなれません

合格と不合格の差は何でしょう?
普通のことの理解を確実に行うこと
お味噌汁を美味しく作るには?

普通の商品ですが、今日の味噌汁美味しい
ご飯も同じです。
ご飯を美味しく炊くポイントを掴んでいなければ人には教えられないし

美味しく炊けなかった時にその原因を掴むことができず
また、同じ失敗を繰り返します
あまり、難しいことではないのです

美味しい焼き物は塩がかかりすぎていたらしょっぱいですし
塩が少なければ、美味しくない。
焼きすぎていれば、硬くなりますし、生では食べられません。

難しく考えることなく、普通に考え普通を極めていけばいいのです。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」