株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
仕事のアイデア!
何百冊の本を読むよりも一つの出会いのほうが価値がある
昨日も今日も夜の席がありまして
いろいろなお話を伺いました

一つの出会いによってまた、わくわくとした事業のアイデアが生まれます
本を読むこともすごく大事です
その中で学ぶことも非常に多くありますが

人と話す中で思い浮かぶアイデア!
なぜか?もっとイメージができます。
そうした出会いができることにも感謝です

どうしても、お店をやっていますと、狭い世界での考えに陥りがちですが
違う畑の方とのお話は本当に勉強になりますし
わくわくするようなアイデアが生まれます

これからの新たなビジネスの拡がりを感じる二日間でした(^^)
出会い!
そこから、何を感じるか?

面白い!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
パソコン復活!
自宅のパソコンが雷でやられ~
ようやく、本日、新しいパソコンが届きました~!(^^)
今までのは4年ほど使っておりましたが

4年もたちますとやはり、かなり性能が違います。
OSも7になりましたし、今までのvistaはメモリーをくって
2ギガのメモリーでしたからかなり苦しい状況でした

今回は4ギガもありますから、さくさく感が違います(^^)
メールソフトが入っておりませんし、なんのソフトも入っていない状況ですから
当然といえば当然ですが(^^)

GOOGLEクロムは便利です。
会社の環境と家の環境がまったく同じにできてしまいます
ブックマークも共通

ほんと、便利ですね~
世の中の進歩が実感できます
・・・本日はこんなんでしたが(^^)

また、しっかりと書かせてもらいます。
よろしく~
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
デフレからの脱却
デフレという状況が確認された当時
デフレというスパイラルに陥ると10年は最低続くと言われ
その通り、10年以上、デフレスパイラルからの脱却が進まず

今、まさに、デフレからの脱却に取り組んでいるところですが
100兆円に及ぶ国の借金、生まれた時から一人100万円の借金を背負って生まれてくるこれからの子供たち

こうした次の時代に借金を残さないためにも
デフレからの脱却をはかり、インフレにすることで
お金の価値を下げ、借金の負担を減らすことも方法

以前、専門家のセミナーを聞きに行ったときに
インフレを起こして借金を政策的に減らしていくという選択肢について
質問をしたことがありましたが

当時はそれは、ありえない!
少子高齢化する中で、物余りがこれからも続くというこの社会において
お金の価値を下げての借金の重みを下げるほどにはならない

そんなお話でしたが、これだけの借金を減らしていくためには
いろいろなことを組み合わせて行く必要がある
自分は借金をする時に将来間違いなく国がこの借金負担を減らすために

インフレに政策的に持っていくはずだと・・・
そう思って借りましたが(vv)
逆にデフレで・・・全くお金の価値が下がりませんでした(vv)

頑張って良いインフレへ~!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
何が正しいことなのか?を考える!
誰が正しいのか?を問うことではなく
何が正しいのか?を問い続けること!
かの、ピータードラッカーが言っておりましたことです

彼の言っていることよりも俺の考えのほうが正しい
誰かの考えのせいにしていることはないだろうか?
あの人の判断が間違っている!

誰が正しいのか?を競うことではなく
何が正しいことなのか?
どうすべきことなのか?

それも、今どうあるべきか?
だけでなく、将来のためにどうあるべきか?
見ている視点が違うと間違いなく判断が異なってきます

できない理由を考えるのではなく
やるためにどうしなければいけないか?を考える
やれる範囲内の仕事をしていたら、いつまでたっても

マイペース
それ以上はなりません。
難しいことに挑戦するからまた新しいやり方が考えられる

できない!はない!
できるようにしていくことなのです。
...とかなり無理なことをいう自分です(^^)
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
物事を単純に保つ
教育の単純化、簡素化!
こうしたことをよく話をします。
難しくしないこと!

いつの間にか、難しいものになっている
教え、伝えている間に難しく変わっていく
本当は単純なことだったことが、人によって難しく解釈され

職人さんにしかできない仕事へと変わっていく
自分はもともとシローとですから
あまり、難しく物事を考えない質なのですが

なぜか、調理の世界は職人化してしまいます。
こうした人をにわか職人と言うのですが
職人さんから言わせてみれば自分と同じシローと

シローとに毛が生えた程度
そうした人が一つの仕事をする中で職人気質が芽生え
料理の世界で基礎から学んできた本物の職人さんと勘違いをおこし

単純化されたことを難しくしているような気がします
できない人には、練習を積み重ねてもらう
練習は自己練習ではなく、そこで見ていてあげないと

結果として正しく身につかない
結局は教え方の問題なのかもしれない
口で示すだけでなく、やってみて、やらせてみて

ほめてやらねば人は育たず
そう言いますがまさしく、教え方の問題
難しくするのではなく、いかに単純に保つか?

1、2の3でいいのです。
すべて、1,2の3で教えたら覚えやすいのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
価格が価値を高めない時代!
V(価値)=Q(品質)S(サービス)C(クリンリネス)÷P(価格)
お客様の感じる価値は商品とサービスと清潔感を支払った時の価格で
割った物というように計算式で説明することがありますが

この価格というものが安ければ、安いほど価値を高めるか?
と申しますと、最近はそうでもなくなっています。
いわゆる、安かろう!悪かろう!ではお客様は反応しないわけです。

これは、当然なお話ですが、均一価格の居酒屋がブームになりましたが
均一価格店が安さを売り物にしていましたが
この中で結果として価値を提供できず、安かろう悪かろうの評価になり

業態変更がされ始めているようです。
100円ショップは100円で買える価値を高め続け
大きなマーケットを創りました。

しかしながら、安いだけで悪い商品を売り続けていては
ブームで終わってしまうということです。
我々も同じく、80円という商品が80円なりの商品だね!

そう思われた瞬間にお店の評価はガタ落ちになります。
80円でそこそこ美味しいじゃん!
十分だね~!安くても旨いね!

そう、思われる商品を提供し続けなければ、80円という価格が
逆効果になるのです。
低価格の難しさがそこにあるのです。

80円という価格が価値を高める価格となるのか?
それなりの価格とするのか?
価値を高め続けることが私達のやるべきことなのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
お客様から考える=客観視
客観視するとは何か傍観者のような見方のように言われることがありますが
お店を日々営業するにあたってこれほど大事なことはありません
新人でお店に入りますとまずは、作業から教わります。

作業を教わりますから、作業になってしまうのです。
お客様目線などと言いますが、言わないといけなくなってしまいます。
作業を教えるにもいつでもお客様から考えることを教えるのです

お掃除一つにしてもただ、掃除する!
ではそれがどういう掃除の仕方が必要なのかが伝わりません。
お客様をお迎えするための準備であれば、家ではどうしますか?

どこに座ってもらおうか?
座ったところから、何を飾ろうか?
何か見えてしまうものがあれば角度を変えどういうレイアウトが良いか?

そんなことまで考えます。
それぞれ、一人一人がお客様の立場で物事を考える
そうしましたら、ドリンクの提供の仕方?

一つ一つ教えることなく実際はできますよね?
ジョッキをどう置かれたら有り難いでしょう?
お皿をどの向きで置かれたら有り難いでしょう?

全ては自分がお客様だったら?
どうしてもらうのが良いですか?
そこから一つ一つ考え教えていくことなのです。

接客は作業ではないのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
店長会から学ぶこと
毎月、店長会を行っていますが
都度、自分は各店の発表からまた気付きを頂き
今後のやるべきことの改善が見えてきます

店長会から多くのことを学び、それを活かすことを続けております
しかしながら、この店長会を有効な時間として過ごせない方もいます
皆が皆、良い店長会と感じていないのではないかとも思います

活かせる人と活かせない人の違いは何でしょう?
本日は、終わりに聞いてみようかと思いましたが・・・
それもまた、大事な事かと思います

皆が、何をこの会でこの時間で学びとって活かそうとしているのか?
そこも、もしかして、ポイントがずれている人がいるかもしれません
気づき方が違うかもしれません

この違いが何か?と言いますと、店長自身の意識の違いです
店長の目指している物がなければ、何も問題が見えてきません
毎日のことだから・・・そこそこ、売れているし・・・楽しく働ければ

何かを目指しているものが無ければ、おそらく何の問題も見えてきません
問題も問題と思えないのです
日々改善⇒そこで満足してしまっては成長はあり得ません。

待っているだけではチャンスは掴めません。
何か動いてみることでチャンスが訪れるのです
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
物件が動く時期・・・
今まで、お店のオープンはいつも重なります。
かぶら屋だけでなく、他の業態も含めて
いつでもまとまって出店となります。

物件が動く時期・・・退店する時期というものがあるからで
物件には波があります。
うまく、毎月1店舗つづ出てもらえれば、計画も立つのですが(^^)

そういうわけにはいかないのが物件
そのチャンスを掴むために準備が必要なのです。
いつでも、良い物件が出た時に出店できる準備が大事なのです。

物件が出ないと人の動きが止まり、モチベーションが下がり
離職にも繋がり、物件が出始めた時には人がいなくて・・・
そんな場面がよくあることですが、いつでもこのチャンスを掴めるよう!

資金面も人材面!
日々、準備です!
年内の物件が出るのが10月くらいまででしょうか・・・

この波を捉えたいと思います!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
静岡御幸町店
昨日は静岡のお店を見てきました
静岡御幸町店、オープンして4年目を迎えたお店です
金曜日で満席の中、お邪魔させてもらいましたが

4年目を迎え、かなり良いお店になってきています。
外から見るお店は、ガラスが磨きあげられ
中の明かりがものすごく良い感じに見えます

店内も活気があり、色々な層のお客様で賑わっていました
串焼を頼みましたが、レバーがほんと美味しくて(^^)
嬉しくなっちゃいますね~!

静岡には2店舗ありますが、4年経過しても伸び続けています
どちらのお店もすごく良くなってきており
たくさんのお客様にご評価いただけ本当にうれしくなります

ブランド力の無い場所で、一からのスタートです
静岡の街で静岡では普通のおでんとフライと
なんの珍しくもないお店ですが

少しづつご評価頂けるようになってきております。
これからが楽しみです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
店舗巡回記
昨日は3店舗の店舗を見に行きました。
このところ、色々なお店を見て歩いていますが
その中でもぴか一!

一人一人が最高の笑顔で楽しんで仕事しているお店に伺うと
自分も本当にうれしくなってきます。
お客様も皆が楽しんでいます。

小さなお店なのにすごく動きが合って活気があります。
ホールも厨房も皆がお客様を良く見ています。
店のスタッフの動きは顔の動きでわかります

顔がよく動くのが店のスタッフ
お客様が何気に顔を上げた時には何かを求めている時です
要は、スタッフは全体をきょろきょろ顔を動かしていたら

お客様が呼んでいることがわかるのです
その動きこそが店の活気となり
忙しいお店の中でも居心地が良い空間となるのです

かぶら屋4号店。
オープンしてもうすぐ9年になりますが
本当に良いお店になっています。

ご馳走さま!(^^)
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
数字の検証
数字って見方をしりませんと、
ただ、良い悪いになって素通りしてしまうことになります。
数字が何を物語っているのか?

そこを読み取る訓練が必要になります。
データをどう読むか?
本日は時間帯売上を前年と比較しまして

数字の変化が何が要因か?
話し合いを行いました。
数字を見て、仮説です。

早い時間の売上の減少から考えられることとは?
そんな題目で・・・色々な意見が出ました。
スタッフの数が足りていなくて、ウエルカム状態ができていない。

仕込に追われて準備ができていないことがあった
18時台に近隣でサービスタイムを実施している店舗が増えた
などなど・・・色々な要因が挙げられました。

こうした、要因を挙げることで、そこから対策を考えるわけです
今日出た問題から、その問題を解決するための取り組み!
そこが見えてくるのです。

ただ何となく、仕事をして、ただ何となくデータを見ていますと
どこに課題があるのか?
課題が見えてこないのです。

結果として、日々の取り組みに落ちてこないってことになるのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
環境の大事さ
新店を作る際に立ち上げのメンバーに話をすることは
お店の環境を創ってくること!
これが、立ち上げのメンバーの使命

環境が悪いと人材が育ちません。
これは、どんな社会においても同じことなのだと思いますが
環境が悪い店舗は新しい人を入れても悪い環境に染まって

優秀な人材でも育っていきません。
腐ったりんごの例えは少数の環境を崩す人が周りを悪くする例えですが
お店の環境創りは店長のカラーから生まれるもの

店長が輪を乱す人を放っておけば、自ずと環境は崩れますし
これは、腐ったリンゴがあるからの問題ではありません。
お店の環境を創るのも店長!崩すのも店長!

良い環境を創ってしまえば、新しい人材を入れても
自然とその環境に染まって行くのです。
良い環境作り!こそ、人材育成のポイントなのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
米百俵
人材育成の会社さんのチラシに「米百俵」について書かれておりました

「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、
教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」

幕末の戊辰戦争で敗れた長岡藩の大参事小林虎三郎の言葉でありますが

まさに、目の前の利益を負うがあまり
教育を忘れ、結果として衰退していく企業を自分も見て参りました。
「外食産業とは教育産業である」

自分はこう言い続けて、かぶら屋という個人独立型の店舗においても
同じように、人材育成の重要性を説き
もちろん、自らも独立を目指す人の育成を行い

独立を実現したオーナーに対しても同じく自分のところのスタッフに対して
教え続ける、学ぶこと、教えることの重要性を説き
研修をやり続けております。

オーナーになってこそ、ここの重要性を感じ
教育とは=自らが学ぶこと
人に教えることで、また、自分が学ぶことなんだと!

この教えを実感してもらっていることと思います。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
接客におけるスピード
お客様をお待たせしないという教え方をしますと
お店の中を走り回る人が現れます(^^)
1・2階の店ですと階段を駆け上がり、走り回るのです。

昨日のお店も自分のテーブルの横で店のスタッフが走り回るのです。
行ったり来たり
そして、急ブレーキをかけて、厨房に戻るのです。

お店のスタッフはお客様をお待たせしないために一生懸命です。
お客様をお待たせしないということはよくわかります。
忙しいのもよくわかります。

しかしながら、落ち着きません。
テーブルの周りを走られて良い気持ちがするでしょうか?
おそらく、考えたことが無いのかもしれません。

お待たせしないことの方が優先になっているのでしょう・・・
接客におけるスピードとは、お客様の満足に繋がるスピードなのです。
お客様の満足に繋がるというスピードは一人のお客様の満足ではなく

お店にいる全てのお客様の満足に繋がるスピードなのです。
全てはお客様から考えます。
それも、目の前のお客様だけでなく、お店全体から考えるのです。

お店の中を走るはあり得ません。
急ぐは走ることとは違うのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
お客様が最優先
いつでもお客様が最優先!
この原則から全ての作業を教えることです。
店では作業を教えてもいつのまにやらできなくなっています。

何度言ってもわからない・・・
そんな事がありませんか?
お店を周るといつでも言うことがいくつもあります。

一つはレジの会計方法についてです。
お客様が最優先の原則からすれば
お会計を頂いて、お釣りを返してからレジにお金をしまう。

この順序でないと、必ずトラブルの元になります。
お店のスタッフも忙しいといくら、頂いたつもり!になってしまいます。
昨日の飲食店でのこと・・・10,092円のお会計に10,100円渡しました

すると、お金をレジにしまってから、お釣りを908円返してきました。
預ったお金のレジへの入力が11,000円となっておりましたので
908円お釣りを渡すことになったわけですが

本人、間違ったことに気がついておりません。
渡したお金が10,100円ですと話しまして
ようやく、間違ったことに気がついて、8円のお釣りに訂正されました。

その間、レジの入力をし直してレシートを再度出し直して
ようやく8円のお釣りが戻ってきました・・・頂いたお金をしまってしまうから、間違ったことに気がつかなくなってしまったわけです。

いつでも、お客様が最優先の原則!
ここから、全てを教えましょう!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
店舗チェック
店舗のチェックの仕方として、MS(ミステリーショップリサーチ)の
形で外部のチェックを利用する方法と
自社で行うやり方と大きく二つの方法がありますが

外部のお客様からのチェックについては、お客様によっての感じ方が違い
アンケートと同じく、全てが正解ではないために
そのチェックの中から読み取る力が求められます。

もちろん、最近の外部チェックもこの辺りがかなり進化しているようで
お店の顧客対象に合ったチェッカーが選べるようになって
そのチェックを行う方にもある程度の訓練がされているようです

自社でのチェックの良さは大事にしなければいけないポイントが中心になります
大事にしなければいけないポイントができているか?
お店の善し悪しは、自分達で見て歩くのが一番わかります

但し、いかにもチェックしていることがわかりますので(^^)
外部にチェック頂く部分との大きな違いはそこにあります。
チェックされているとわかっている環境でのチェックと

お客様に扮したチェッカーとのチェック
どちらにも善し悪しがあり、そのチェックをどう活用するか?
そこが一番の重要なポイントとなのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
原因と結果の法則
こんな題名の本がありましたが、必ず何らかの要因があります。
今月も1週間が過ぎ、7日のデータ比較を行いました。
かぶら屋では7日単位で各店の状況を見て行きます。

34店舗ありますと、当然ながら全ての店舗が良いわけではありません。
1週目の前年比が20%以上も伸びている店舗と
昨対割れを起こしている店舗があります。

そこには必ず何らかの要因があります。
もちろん、単月の要因ではありません。
単月での問題ならたいした問題にはなりませんが

まず、間違いなくそこには問題があります。
その問題が見えていないところが恐ろしいのです。
各店の日報をみまして、問題を意識している店舗は何らか

問題解決のために、動き始めていますから良いのですが
気がつかない!そこへの問題意識がもてないことが問題なのです
問題が起きている店舗をまずはよく確認します。

良い店舗もなぜ良いのか?
同じように原因と結果の法則です。
良い要因はまた、他に共有すれば良いのです。

問題を見つける力!
データを見抜く力!
それが、いち早く問題解決に繋がるのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
ビッグサイズの店が何故か多い?
我が家の近くには極端に量が多いお店が何軒かあります。
おそば屋さんやうどん屋さん
うどん屋さんも並が300gで中盛りが500g大盛りが750g

そして、1kgまで注文できます。
どちらのお店も繁盛店
いつもお昼時、夜も一杯です。

立地が良い訳ではなく、悪いといったほうが良い場所です。
自分たちでは出店できないような悪立地でありながら繁盛店となっています。
その内の一軒・・・間違って2度目もたのんでしまいまた失敗
かき揚げセット
かき揚げ丼セット997円(エビとホタテ)
こうやって書かれておりますので、つい、頼んでしまうのですが
来てみてびっくり!

そばが少ないわけではありません。
かき揚げの高さは20センチはあります。
丼からはみ出して、そのままでは食べられず・・・
角度を変えて
上の写真はちょっと角度を変えて、その高さを見てください。
いつもお皿をもう一つもらって、そこで崩してから食べますが
二人でも食べ切れません。・・・

それでもって・・・これよりもまだ、ビッグなかき揚げ丼があるようですが
それは、あくまで、チャレンジ!メニューのようです。(^^)
もっと、びっくりはメニューの数です。

何回来ても頼みきれないくらいのメニューの数
セットだけでゆうに30種類以上
単品では100種類以上!

それでも、手打ちのそば屋さん!驚きます!
好きなんだな~人に喜んでもらうのが!(^^)
そんなご主人の顔が浮かぶお店です。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
かぶら屋の日報より
面白い日報のコメントがありました
「ボールに群がる小学生のサッカーではなく!
チームとして考えて動かなければ!」


小学生の低学年のサッカーを思い出しました。
まさしく、お店ではよく起こることです。
何かありますと、皆、レジの周りに集まって

品出しの場所に集まって確認しあってということがよくあります。
まさしく、ボールに群がる子供のサッカー状態
お客様は一人ではなくたくさんいらっしゃる訳ですが

問題が起きたところに皆集まり、周りが見えなくなり
手があくとまた、レジに集まり、全体が見れなくなる
では、子供のサッカーはどうしてボールに集まるのでしょうか?

広く使え!ってよくコーチが声をかけますが
それでも、皆がボールに集まり、ボールを持っている人も
声をかけてもらっている、仲間のことが目に入らず・・・

結果として、広くポジションをとっていてもボールがもらえないから
ボールをもらいにいく・・・面白いなぁ子供のサッカーは
強いチームは声を掛け合いカバーをしあいます。

バックが上がった時には中盤が下がり、空いたポジションをカバーします。
こうした連携をミーティングの中で教え、練習を繰り返すのです。
お店でも同じ。

空いたポジションを皆でカバーし合うのです。
皆の動きを見ながら、声を掛け合いながら動くのです。
そこから、活気も生まれるのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
他店から学ぶ
ストアコンパリゾンという言葉が業界用語であります
競合店比較という意味でありますが
競合店から学ぶことを否定するわけではありませんが

競合店以上に学べるのが、他の業態、他の業種のお店からです。
学ばなければいけないのは、我々の業界よりも進化している業界
コンビニやファストフード、自動車産業、IT業界

学ぶべき業界が本当に多くあります。
競合店と思って同じようなお店を見て歩くよりも
まずは、セブンイレブンやマックが一番の理由を探したり

トヨタ自動車がなぜ、世界一なのか?
そこを一生懸命学ぶことです。
一番の企業から、学べることが本当にたくさんあります。

アメリカの鉄道がなぜ、発展しなかったのか?
その理由からもわかります。
自分の競合と思っていたものから学ぶことよりも

マーケットはもっと外にあるのです。
狭いところだけ見ているだけでは大きな変化には繋がりません。
世の中の変化を見落としてしまうことにもなるのです。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
戦うことではない!
「人生の本質は、生存の為の闘争というよりも
むしろ協調性と創造性の勝利である」
byフリチョフ・カブラ


ちょっと目にとまった名言です。
事業も同じだと思うのです。
競合との勝ち負けではなく、お客様にとってより良いもの

世の中にとって、必要とされるものを創造し続けることであって
決して、戦うことではない
勝った、負けたを繰り返すことが果たして良い事でしょうか?

競合と争いを繰り返すことが良い事でしょうか?
競い合う事はお互いを高める事になりますが
お客様が介在せず競い合う場面がよく見られます

ちょっと前に、勝ち組!負け組み!
そんなレッテルがありましたが
勝ち負けではなく、むしろ、協調性と創造性こそが勝利である!

今残っている、ITの寵児!
まさに、社会に対して協調性と創造性があったものだけが残っている
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
人が変わるごとに店が変わる
チェーン店や企業がやる店舗の問題点は
店長が変わり、SVも変わる。
その都度、やり方が変わり、店には何も残らない

人が変わるため、お客様も残らない
多くのお客様は馴染みのお店が欲しいのに
企業がやるお店はそこに問題がある

これは、かぶら屋も同じ
直営の店舗では多くのお客様の期待感を裏切ることを続けてきました
直営店で巣立って、独立していく店長を

多くのお客様が応援して頂き、独立した店舗にまで
足を運んで頂いております。そのまま、直営のお店には戻らずに、そこのお店の常連になっていただく方もいます。

いつまでも変わらないお店を見るとうれしくなります。
昔のまま、親父がいて、同じように年をとって
それでも、何気なくいつもの場所に座ってまた帰る

そんな場所、そんなお店を目指して
人が巣立っても店が変わらない
そんなスタイルを目指していきます。

新しい制度が始まりました!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
本当にすごい会社!ヤマト運輸さん!
ETCがヤマトさんのシステムだと言うことを知りました。
ヤマトさんにとって、車の稼働状況や渋滞緩和をするために
世の中にとっても、自社にとっても必要なシステムのわけです

そして、次には料金の収受システムです
顧客囲い込みマーケティングが騒がれた時代がありましたが
違うのです。

囲い込むのではなく、誰でもが、便利になる仕組みでないといけないのです。
カード決済の仕組みにおいて、そこにもヤマトさんです。
ナナコでもワオンでもなし

どんな端末も対応できる読み取り機でないと
ドライバーも困るわけです。
どこの端末にもいける読み取り機の開発が必要であったわけです

ここが重要なポイントなのだと思います。
お客様にとって便利で且つ自社にとっても便利なこと
本当に学べる会社様です。

有難い会社様との出会い頂きました。
ありがとうございます。
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
1分間ルールの徹底
話ができる居酒屋・・・ふれあいの場所
そんな風に話をしていますと、どうも誤解を生むようで・・・
お客様に楽しんで頂く≠お客様と話をすること

お客様に楽しんで頂くために、一生懸命お客様意声かけて
確かに間違ってはいないのですが・・・
入りすぎてはいけません。

一人のお客様、一組のお客様のところに入りすぎてしまいますと
他のお客様が見えなくなります。
それを良しとしないお客様もいます。

常連の方とべらべらと話をしている風景を見ますと
他の人は従業員がしゃべっている!
そうとしか捉えません。

ここの従業員は馴染みのお客さんとしゃべってばかり!
そういう見方しかされません。
どのお客様に対しても、同じように対応がまずは必要なのです。

そして、1分間以上、お客様の中に入り込んでもいけません。
この距離感が大事なのです。
そして、それをフォローするのも周りのスタッフの役割

お客様から離れられない時には声をかけてあげるのです。
○○さん~!これお願い!
話を切ってあげる事!

全てのお客様を見る必要があるのです。
1分間ルールです!
これは、ルールなのです!
by tsukumo

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」