FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
近隣との関係
以前、ABCという靴の販売チェーン店のお話で
店舗での品切れを起こしていると近隣の店舗の情報を確認し
その場で走って取りに行く!

そんなお話を伺ったことがあります。
チャンスロスを防ぎ、且つ、お客様への信頼を勝ち取るために
そうした動きをするそうです。

お客様に対して、品切れしています。
そうお答えするのか、今、品切れをしておりますがお取り寄せ致します。
と、答えるか?

少しお待ちください。近隣の店舗に確認しますからとお待ち頂き
あれば、すぐに、お持ちいたしますとのご対応を図るか?
そうした、ことができるのは、また、近隣と店舗との関係づくりです。

これなくしては、できないこと。
この靴のチェーン店さんは直営店ですからそれが普通に行えておりますが
同じ看板で事業を行っていても、関係を築いていなければそれができません。

昔の言葉でお互いによしみを通じるとありますが
まさしく、そうした関係をグループ内、近隣の同業のお店とも築くこと
発注のし忘れで、生ビールの樽を近くのお店に貸したこともありました。

近隣のかぶら屋との関係が築けていれば、人材の貸し借りも行えます。
それが、チェーン店の魅力。
かぶら屋の魅力なのです。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」