FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
労働人口の減少
先般、採用関係の打ち合わせのの中で労働人口の減少について
驚くべき数字を伺いました。
団塊の世代ジュニアと言われる現在の30代後半の世代から

現在の20前後の世代についてですが
出生数で約60%となっている。
この点は再三、ニュース等で聞いている内容ではありますが

この世代の東京都にいるこの世代は60%以下で50%に満たないそうです。
こうしたデータを教えて頂きました。
単純にアルバイトを15年前と同じように集めようとしても

半分以下の人数しかいない世代を集めようとしているとのことである。
驚くべき数字です。
かつての半分に飲食店の数、コンビニの数がそれだけ減っているかと言えば

そうではありません。
かつて以上にアルバイトを使うお店は増えているのです。
そこまで、アルバイトが集まらないような感覚はありませんが

数字上はこうしたデータとなっております。
このようなデータは以前から予測されていたことで
今更、いうことではありません。

ですから、かぶら屋は小さな居酒屋を目指したのであり
大きな居酒屋でたくさんのアルバイトを集められなくなる。
そうなれば、それだけ、社員に負担がかかり、休めない。

労働時間が長い。こうした人の犠牲の上に成り立つようなビジネスでは
長く続くはずがない!
小さな居酒屋で、3~4人であれば、自分で何とかなる人数でしょう!

人の採用に比較的、苦労しなくて良い。
それが、かぶら屋のスタイルなのです。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」