FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
数字だけでは見れないものがある!
店舗の状態を見るのに数値化することはものすごく大事なこと
しかしながら、数値からは見えないものがあります。
数値はでこぼこがあっても一つの数字からは見えてこなくなります。

例えば、人件費比率。
月間の人件費の比率だけを見てましても状態は見えません。
日々のでこぼこがあっても適性に収まって見えてしまいます。

月間と日々のシフト状況を見ることが必要になります。
日報を見ていますと、これが、見えてきます。
数字だけではない物が見えてきます。

しかし、その日報にもお客様にご迷惑がかかっていることに
気がついていない場合もあります。
販売データも同じです。

10個売れたという販売データだけでは、
10個がどういう状態で売れたのかが見えません。
他のものが早く売り切れたことによって売れたのかも知れません。

早い時間に売り切れての10個なのか、ぎりぎりの10個なのか?
お奨めしての10個なのか?
色々な10個があるわけです。

数字で判断をする場合には、このように色々な角度から検証する必要があるのです。
同じ数字でも、店によって異なるのです。
人件費比率が30%と言ったりしますが、適正値は店によって異なるのです。

業態によっても異なります。
一律ではないのです。
ですから、現場をよく知らなければ、指標はできません。

現場を知ることで、数字が見えてくるのです。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」