FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
小さな居酒屋にこだわる理由 その3
資金的な部分や人の面において、小さな居酒屋にこだわっておりますが
こうした、運営面だけではありません。
かぶら屋を始めた理由が人と人のふれあいの場です。

日常の中で人と人がふれあいのある場所が無くなっています。
都会では毎日が会社と家の往復
その中で立ち寄るところと言えば、皆、コンビニ

何気なく、コンビニに寄るのです。
自分もそうでした。
一人家に帰る際に、特に必要なものがあるわけでもないのに

毎日、毎日、コンビニに寄って、ちょっと本の立ち読みをしたり
ジュースや朝ごはん、ビールを買って弁当買って家に帰って
テレビを見ながら、過ごす毎日

携帯電話、パソコン。電話しかなかった、自分達の時代とは若干違いますが
それでも、人と人がふれあいのあるような場所はありません。
コンビニではアルバイトがカウンターにいるだけですから

そこでの会話はありません。
都会で暮らす私たちには、そんな生活の中で、何か、会社とは違う
家とも違う、ちょっとした、コミュニティの場って必要ではないでしょうか?

大きな居酒屋では人と人のふれあいは生まれません。
小さな居酒屋だからこそ、お店の人と仲良くなったり
お客様同士仲良くなったり、コミュニティが生まれるのです。

ちょっと寄って一杯やってさっと帰る!
昔から言う、一杯飲み屋です!
ちょっと一杯!そんなお店が必要なんだと思います。

今こそ、この時代に!
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」