FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
バディのやりがい!
研修の中で、バディのやりがいでハーズバーグの理論を取り上げています。
ある特定の要因が満たされると満足度が上がり、
不足すると満足度が下がるというのではなくて、

「満足」に関わる要因と「不満足」に関わる要因は別のものであるとする。
達成感や認められること、責任感などによる満足感「動機付け要因」と
給与や休みや労働環境などの「衛生要因」。

衛生要因が満たされてもやりがいには繋がらない!
自らも思うところがあると思います。
自分たちの時代は週休2日制ではありませんでしたから

週休2日制にすごくあこがれました。
しかし、いざ、週休2日制になってみますとそれには慣れてしまうだけで
結果として、それが、仕事のやりがいにはなりません。

会社の福利厚生が良くても、休みが多くても、仕事が楽でも・・・
それがやりがい?にはならないのです。
バディのやりがい!

ただ言われたことだけをさせることがやりがいに繋がりますか?
自分に当て嵌めてみることです。
言われたことだけをやっていてもつまらないでしょ?

楽だから良いってものじゃないでしょ?
達成感や仲間から認められること、責任を持たされること!
そうした中から、初めてやりがいが生まれるのです。

仕事のスイッチが入りますと休みや待遇が気にならなくなります。
もちろん、最低限は必要ですし、衛生要因も重要です。
一生懸命やっても生活できなければ、目的を果たせなければ続きません。

ですが、仕事の面白さは責任のある仕事、評価される
評価を受けること、達成感によってこそ生まれてくるものです。
働く仲間に、本当の仕事の面白さを教えてあげること!

ハーズバーグの二要因理論です!
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」