FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
これからの外食業を考えた時
月間食堂のアンケート調査があり、表題の質問に回答しました
これからの外食業を考えた時そして
これまでの外食業何をしてきたか?

そんなアンケートに対して
これからの外食業・・・そう考えた時、今までとのあり方とはまるで違う
間違いなく、ここ何日か書いてきた内容にリンクしますが

大量生産、大量消費時代の外食はそれは、明らかにファミリーで楽しむ
そういった、一つの外食という楽しさを提供してきました。
それまでは、デパートのレストランや中華レストラン

ハレの日の食事と個人店での日常食
そこに、スタイルや低価格化でファストフードというマーケットが生まれ
車社会とともに郊外型の外食ビジネスが創出されてきた

これからの外食を考えた時、間違いなくその規模は縮小し
単身者、核家族化が益々進み、人と人がふれあいを求めるような
マーケットが間違いなく求められえくると

コンビニやテイクアウトのお店では人と人のふれあいがないわけで
必ずや、都心部にはそうした人と人のふれあいの場が求められてくる
住んでいる場所に近いところでの消費が増え

更に高齢化が進むことで外食さえできない世代が増加してくる
そうなりますと、介護ビジネスや宅配のビジネスにより
玄関先を抑える!新しいマーケットが拡大する

こんな外食業のマーケットとなることを考えそこに向けた取組みを行っている
そんな回答をさせていただきました。
また、誌面に掲載の際は、ご報告させていただきます。

by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」