FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
お店が主導の楽しさ!
12席のカウンターだけの小さな居酒屋。
厨房は夫婦二人で歩くスペースもしゃがむスペースもない。
おでんの鍋と七輪とお湯を沸かす簡易的なガスコンロが一つ

全ては七輪の火で調理をおこないます。
焼き物を焼き始めますと揚げ物はできません。
また揚げ物を揚げている時は当然ながら焼き物ができません。

そんなお店では、店主が串焼食べる人!って声をかけます。
レバー美味しいよ!タン塩で食べる?
スタミナ焼きも美味しいけど、食べる人?

ハイ!何本?
そうして、焼き物を全て焼き上げますと、今度は鍋の油を火にかけます。
油が温まったから、ハスのフライ食べる?
はい!パン粉つけが良い人?

素揚げが良い人?
一通り皆が食べながら話をして、注文が止まっていると
おもむろに串揚げを始めます・・・

目の前にはんぺんのフライが!
油きりにのせられます。
あ!うまそう!はんぺんちょうだい!ってなるわけです。

そうしていると、七輪にナスが丸ごと火の中に放り込まれ
焼ける頃に、ナス食べる人?って声かけられて
ハイ、あと1本!だれ?

てな、具合にお店主導で次々と商品が提供され、
その内に見ず知らずの周りの人となんとなく話が始まり
お腹がいっぱいになり始めた頃、何人かが席を立ち始め

外で待っている人たちと入れ替わるのです。
店主の思う壺って言いますか、これ今日は食べて行って欲しいな!
そういうものを次々と薦めてくれるんです。

夕方6時から店が始まり、10時まで予約で一杯のお店です。
1時間20分つづのサイクルでお客様が入れ替わります。
楽しくお店主導になっているためにそうしたことができるのです。

by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」