FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
2030年 居酒屋の市場規模が30%以上減?
居酒屋の未来というタイトルで2030年の市場予測をされています。
少子高齢化を迎え、20年後の居酒屋の市場規模が
32%減と予測されております。

飲酒人口の減少16%
若者のアルコール離れによる影響により飲酒率が10%減
賃金上昇の抑制により居酒屋で使うお金が10%減

そんな推計値が出ています。
飲酒人口とは20歳~64歳とした場合の人口としていますが
居酒屋で飲む世代と言えば確かにこの世代が中心

アルコール離れが無かったとしても16%は今より間違いなく減少する
地方で特に人口の減少に拍車がかかり
都心部一極集中が加速する

予測はしておりますが、こうして、データを見せられますと実感します。
今のままの業態であれば、間違いなくこの数値に近づくことでしょう!
従来型の居酒屋としてのマーケットは地方でこの傾向が顕著になる。

20年後に30%売上が下がっても成り立つスタイルを目指すのも一手
縮小するマーケットを避け、海外へ展開するも一つ
いずれにしても、こうした長期展望が重要。

10数年前に自分が描いていたことが今、まさにその時代を迎え
そして、更にここから20年後により一層この状況が加速する
20年先のビジネスを描こう!
by tsukumo

日経レストラン6月号
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」