FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
ビジネスホテルの在り方
郡山へ出張してきまして、昨今、ビジネスホテルが色々なスタイルで話題になっておりますが、結局、飲食も同じ、お客様が、その業態に対して、何を求めているのか?
そこを考え、追求していくことなんだな~!

改めて、そんな風に考えていました。
ビジネスホテルでどんなに接客を良くして、良い笑顔、良い対応、
あまり、感動しません。

なぜでしょう?
接する時間が少ないから、フロントでの数分間。
それよりも、求められることは何か?

価格はもちろん、部屋の広さや、クリーンリネス、風呂や付帯するサービス
ドーミーインへ行って、驚きました。
風呂が充実して、部屋が広く、部屋のトイレも風呂も別々で

ベットも広く、静かですし、大浴場横には洗濯場、そこにはたくさんの漫画
自由に貸出可で部屋にも持ちこめる。
自動販売機にはパンからカップヌードル、生ビールは自動サーバーで飲めます。

1階のレストランは夜の営業をしておりません。
朝のみ、バイキングでご飯だけ。
人によるサービスを削るかわりに物的なサービスを充実し

出張で夜、ビジネスホテルのレストランで食事なんて間違いなくしません。
ですから、夜の営業はしない。
閑散としたところで営業することがサービスでも何でもない。

大事なポイントさえ押さえていればその方が間違いなく価値がある。
飲食店でも同じことがいえます。
どんな業態でも同じことがいえます。

何を大事にしなければいけないのか?
そこを徹底して追求し続けること。
そこを間違ってはいけない。

間違ってしまうと、単なるマスターベーションになっていまう。
by tsukumo
スポンサーサイト



かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」