FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
反対のことを教える!
飲食店を開くには、両方が大切。
飲食店としての仕事と、飲食業としての仕事
お店を繁盛させることと、継続的に収益を上げること

お店の主には二つの仕事が求められます。
どちらかに偏っていてもお店は旨く行きません。
繁盛しているお店を作れていても管理がずさんで儲からなかったり

管理が先に立ち、お客様のことを考えられていなかったり
ですから、店長には不得意分野を徹底的に指導します。
人のスイッチを入れることが得意でお店の空気を創れる人間が

数字に関して全くだらしなかったりします。
そういう人には数字の面の管理を厳しく指摘し
数字で物事が見、提出期限や書類の管理など細々と言います。

数字や物事をきっちりとやろうとする人にはあえて
人の感情や泥臭さ、結果として数字に影響する心のケアー
こんなことを指摘します。

これが、我が人事・教育担当マネージャのやり方です。
得意分野を伸ばし、不得意分野がかくれるようにそんな教育の仕方もありますが
飲食店を開くには店主としてのお仕事と、

経営者としての両方のお仕事ができなければ、
継続してお客様に価値を提供し続けることはできません。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」