FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
マーケティング・・・魚のいる池といない池
流行るお店と流行らないお店の違いは?
研修の中で話すことですが、
面接の時に料理人に対していつも言う事があります。

ハンバーガーが美味しく作れる人が一番売れるお店にならないのは?
そういう質問をします。
ただ、美味しいものを作れれば良いお店になるかというとそうではない。

これは、みんなが知っていることですが
なかなか、それを理解できる人は少ない。
そんな時に、こんなお話をします。

魚がいない池で、どんなに仕掛けにこだわっても、えさにこだわっても
釣れるわけがないわけで、お腹がすいている魚がいる池なら
釣り針だけでも魚はえさと間違えて食いついてきます。

魚のいる池を見つける・・・これがマーケティングであり
どういう魚がいるのか?
それによっての仕掛けとえさをたらしてあげたら良いのである。

お客様が、何を求めているかたが、たくさんいてそこに、どうやって商品を
提供したら、喜んでいただけるのか?
魚釣りと実は同じなんですね~

昔、釣堀で魚釣りをしていると、一匹釣れると、もうこの池には魚がいないのでは?
そんな心配をしながら釣っていた事がありましたが
そこで、飽きずに色々と棚を変えてえさを変えて、撒き餌をしてみたり

場所を変えてみたり・・・これが、マーケティング
by tsukumo
スポンサーサイト



かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」